インストラクターと浜松合氣道協会 (正風会)

インストラクター紹介

杉山 正

浜松合気道協会 会長/浜松真向会 会長

指導項目:合気道と真向法体操

コメント:

「道」とは、精神・生き方と言い換えることができます。 合氣道の練習を通して日本の伝統を感じてください。

偉大な武道家 "望月 稔" の系譜には日本の武道家が勢揃い!

浜松市合氣道協会会長 "杉山 正" 免許皆伝の証

浜松 正風会について

浜松合氣道協会(正風会)の起源

養正館 武道の創始者である望月師は、5歳の時に静岡の祖父の道場で剣道を始めました。

1925年には柔道の総本山である講道館に入門、優れた柔道家になっていきます。

嘉納治五郎が講道館の有段者を対象に開いていた「古武道研究会」に参加し、天真正伝香取神道流剣術や空手道を修行します。

1930年嘉納治五郎の指示により、植芝盛平に入門。合気柔術の修行を始める

1931年に郷里の静岡県静岡市に道場「養正館」を開く。

彼の合氣道のスタイルは、戦前の植芝盛平の要素を取り入れた柔道、合氣柔術、空手、柔術、剣術、天真正伝香取神道流 、玉心流柔術、居合術、剣道、槍、起倒流などの複合武術です。

浜松合氣道協会では、杉山氏が師範と協会長を務めています。

彼は55年の武道経験を持ち、現在、浜松市周辺の様々な道場で、5歳から90歳までの160名に合氣道を教えています。

©︎ Copyrights HAMAMATSU AIKIDO ASSOCIATION all rights reseved.


Top